「畳」の部屋はそれだけで趣のあるもの。 しかし素材が草なのでどうしても湿気に弱く、梅雨時期や湿気の多い場所の場合はカビが発生してしまう恐れがあります。 もし畳のカビを見つけてしまった時にご自身ですぐに対処できる方法をお伝えします!

畳の部屋は日本の和を感じられますね。畳を取り入れた場合の日ごろのお手入れ方法と、凹んでしまった時の修復方法をまとめました。

「木の家」に憧れを持っている方は少なくないと思います。 木の温もりと癒し効果のようなものが、家を包み込んでくれるような感じがします。傷が心配されがちな無垢材ですが、実は合板フローリングよりも傷はめだちにくく、また傷の修復も簡単なんですよ。

家族5人が住むこのお家は、 ・鉄骨階段 ・真っ白な四角い家 ・広い土地でのびのび暮らしたい という『理想』から家づくりがスタートしました。

新居を建てる際は、これまでのライフスタイルを見直す良いタイミングでもあるため、生活するうえでとても大切な睡眠についても話し合うことが必要となります。 今回は「寝室を夫婦別室にする場合」の生活はどのようになるのかを具体的に見ていきましょう。

日本人にとって、夫婦の間に子供が挟まって寝る「川の字寝」は幸せの象徴とも呼べる寝姿です。 家族みんなが揃って同じ布団で眠る、それだけでなんだかほっこりするような、安心するような気持ちになれますよね。 しかしいつまで子供と一緒に寝るのかは寝室計画に大きな影響を与えます。

玄関は一番最初に人をお迎えする場所であり、家に入るためには必ず通る場所であることから、家の顔とも呼ばれています。 家の顔である玄関が臭いとそれだけで家全体の印象が変わってしまいます。におい対策をしてぜひ印象の良い玄関を目指しましょう。

若いうちに買った家は、若い時に思い描いていた「こんな家に住んで見たい!」という理想の家を想像して土地選びや設計を考えることになります。一度建てた家は何十年と住むことになりますから、若い頃には不便に感じなかった部分に不便を感じるようになってしまうのです。今回は一般的に考えられるポイントから、将来を見据えた土地の選定と住宅設計のポイントをご紹介します。

アニメ「サザエさん」では勝手口が大活躍していますよね。 買い物から帰って勝手口からそのまま食品を台所へ置いたり、御用聞きのサブちゃんが勝手口から商品を届けたり注文をお伺いしたり・・・ 勝手口と言うと「昔の家にあるもの」と言うイメージが先行してしまい、新築住宅を建てる際には、「勝手口って必要?」と疑問に思われるお施主様も結構いらっしゃいます。 現代でも勝手口は必要なのでしょうか?

生活する目線が大人に比べて低いお子さんにとって、床はとても身近なもの。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の床材選びは、外せない条件がたくさんあって、何を選べば良いのか悩んでしまうかもしれません。そんな時、「コルクタイル」がニーズに応えてくれる可能性があります。

さらに表示する