おしゃれなカーポートで愛車を守ろう

こんにちは!

浅口市の注文住宅会社Karin-houseの広末です!

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

愛車を雨風から守るカーポート

車をお持ちの方が新築の際の外構で悩むのが、カーポートを取り付けるか否か、です。

しかし、このお悩みはある意味では一戸建てならではの悩みとも言えます。

 

カーポートは言わば車のための屋根と言えるでしょう。

ガレージよりもお手軽に愛車を雨風から守ることができます。

 

また、鳥のフンや強風で飛んでくるもの、雹などの落下物からも車を守ることができます。

 

さらに、車を守るだけでなく雨の日には車の乗り降りの際にも濡れずにすみますし、雪の日も車に積もった雪をかき分ける必要がありません。夏に駐車していても屋根があるので車の中が熱くなりすぎないといった効果も期待できるのです。

 

一方でカーポートにもデメリットもあります。

 

駐車スペースに屋根を取り付けるわけですから、どうしても圧迫感が生まれます。

また、支柱の分駐車スペースや庭のスペースが狭くなります。

 

後付けの場合はデザインが家とバラバラになって外構のイメージが大きく変わってしまうこともあります。

 

さらに、台風などで飛んでしまう場合もあるのです。

 

カーポートは、メリットデメリットを踏まえて設置をよく検討するようにしましょう。

 

カーポートは新築時に考えるのがベストな理由

カーポートを取り付けるべきか、結局決められず住んでみてから決めるという方も多いでしょう。

しかし、導入のベストなタイミングは新築時です。

 

新築のタイミングであれば、家と一緒にプランニングできるので、カーポートの位置やデザインをしっかりと計画することができます。

後から取り付けるとなると、場合によっては車を止められる台数が減ってしまったり、外観のイメージが大きく変わってしまったりする恐れがあります。

 

最近ではオシャレなデザインのカーポートも多く、家の外観イメージに合ったものを選べば外構がグッと引き締まります。

 

また、新築時であればオーダーで家と一体化したデザインのものを一緒に取り付けるといったことも可能かもしれません。

 

カーポートも含めた建築プランはKarin-houseまで

Karin-houseの家づくりでは、外構も含めてトータルで提案させていただいております。

アトリエ建築家と話し合いをしながら家づくりを進めておりますので、ライフスタイルに合わせて、デザインも機能も妥協しない家づくりが可能です。