ヒートショックを起こさないために

 

こんにちは!

 

浅口市の注文住宅会社Karin-houseの岡田です。

 

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

今回はヒートショックについてのお話です。

 

 

 

 

 

普段は過ごしやすい地域だからこそ気をつけたい

 

「ヒートショック現象」

 

 

 

北海道や東北地方ほどは寒くなく、乗り切れないほどの寒さではないことが多い地域では、住宅の断熱性能が高くないことが多いです。

 

住まい手ご本人は「厳しい寒さ」と感じていても、住宅の断熱性能については、比較的温暖な地域の方が基準値が低いのです。

 

 

 

 

 

寒い日のお風呂は、命にも関わる「ヒートショック現象」の原因にも!

 

 

 

寒さによる健康被害は、普段から対策している寒い地方よりもむしろ、対策が万全ではない関東以西(以南)の、比較的冷え込みが弱い地域で起こりやすくなります。

 

そこで今回は、「今すぐ出来るお風呂の寒さ対策」について紹介していきます。

 

 

 

 

 

今すぐできる「お風呂の寒さ対策」

 

 

 

お風呂の寒さ対策というと、お風呂をリフォームしたり、浴室暖房を設置したりと、大掛かりでお金がかかるイメージですよね。

 

これらは、賃貸では非現実的な対策となってしまいます。

 

 

 

古い建物の場合、お風呂は寒いタイル張りだったり、断熱材が入っていなかったりしてとても冷え込みます。

 

お風呂の床や壁から冷たさが伝わってきてしまうので、ホームセンターで売っているマットやすのこを敷くことで、直接冷たい床を踏まずにお風呂に入ることができます。

 

 

 

お風呂に窓がある場合、窓に断熱シートを貼るとさらに熱が逃げにくくなるでしょう。

 

また、お湯をためる時に蓋を開けっぱなしにすることでお風呂場全体を暖めることができます。

 

 難しい場合は、お風呂に入る前に熱いシャワーを浴室全体に出すことでお風呂を温められますよ。

 

 

 

「一番風呂」はまだ浴室全体が温まりきっていないので、高齢者や生活習慣病など、ヒートショックのリスクが高い方はなるべく2番以降に入るという工夫も良いでしょう。

 

 

 

 

 

住宅施工から考える「温かい空間」の作り方

 

 

 

高気密高断熱の住宅では、家の中での温度差が小さく、リビングでもお風呂場でも廊下でも、快適な室温を保てることが特徴です。

 

ヒートショック現象はお風呂場だけでなく、リビングとの温度差のある廊下やトイレ、暖房をつけていない部屋への移動などでも起こりうることです。

 

 

 

その点、高気密・高断熱の住宅では、熱が逃げない構造なので冷暖房効率も良く、夏場も快適な温度を保つことができるのです。

 

 

 

一年中快適で、健康的に暮らせる高気密・高断熱住宅。

 

Karin-houseではC値(気密性を表す数値)0.5以下と基準を厳しく設定しており、温度差が少なく、冷暖房効率の良い家を提供しております。

 

冬も快適な家づくりなら、ぜひKarin-houseにおまかせください。