リフォームとリノベーションは何が違う?

 

 

 

こんにちは!

 

浅口市の注文住宅会社Karin-houseの岡田です。

 

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

普段、リフォームやリノベーションという言葉を何気なく使っていますが、改めて聞かれると違いが分からないってことありませんか?

 

実際、最近ではそれぞれの言葉の線引きも曖昧になりつつあるようですが、ここではリフォームとリノベーションという言葉を、「工事の規模」と「住まいの性能」という2つの観点から考えてみることにしましょう。

 

 

 

 

 

工事の大きさで考えるリフォームとリノベーション

 

 

 

リフォームとリノベーションを、「工事の規模」の観点から考えてみましょう。

 

簡単に言うなら、設備の修繕や変更などの小規模な工事はリフォームに、間取りの変更などの大規模な工事はリノベーションと考えることができます。

 

リフォームでは、古くなったキッチンやユニットバスを入れ替えたり、壁紙を張り替えたりして内装を新しくします。リノベーションは、水道排水管や冷暖房換気設備の変更など、大掛かりな改修や増築と考えることができるでしょう。

 

 

 

 

 

住まいの性能で考えるリフォームとリノベーション

 

 

 

リフォームとリノベーションを、「住まいの性能」の観点からも考えてみましょう。住まいの性能が新築と同等にする設備の修繕はリフォームに、住まいの性能が新築以上になる変更はリノベーションと考えることができます。例えば、中古住宅のキッチンやバスなどを修繕したり、壁紙を張り替えたりするのは、リフォームと言えます。一方で、中古住宅の間取りやデザイン、給排水や電気などを全て新しくして、住まいの性能を向上させることをリノベーションと呼ぶことができます。

 

 

 

 

 

リフォームやリノベーションのことなら専門家に相談してみよう

 

 

 

リフォームとリノベーションという言葉は、工事の規模や住まいの性能という2つの観点から、比較してみることができます。古くなった設備を新しくするのがリフォーム、新たな価値を生み出すのがリノベーションと呼べるでしょう。マイホームでリフォームやリノベーションに関心がある時には、住まいの専門家に相談してみることができます。

 

Karin-houseでは、お住いの気になる点やがらりとイメージを変えたい等の相談にも乗ってくれますので、お話を聞きにいくのもよいかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

 

 

リフォームやリノベーションという言葉の線引きが曖昧になりつつありますが、工事の規模や住まいの性能という観点で考えると、分かりやすく理解できるでしょう。

 

積極的にリフォームやリノベーションを取り入れて、心地良い生活環境を創りだすようにしましょう。