ZEH~日本の未来について考える~

 

 

 

こんにちは!

 

浅口市の注文住宅会社Karin-houseの岡田です。

 

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

今回はZEH(ぜっち)についてのお話です。

 

 

 

 

 

メリットがいっぱいZEH

 

 

 

住宅展示場などで「ZEH」という言葉を見かけることはありませんか?ZEH(ぜっち)というのは「Zero Energy House」の三つの単語の頭文字をとった略称で、「ぜっち」と読みます。住宅で使う年間のエネルギーの消費量についておおむねゼロを目指す住宅です。国が補助金を設けて普及を進めていることもあって、取り組む住宅会社も増えているので住宅展示場などでも見かけるようになりました。

 

お湯を沸かしたり、冷暖房にはエネルギーを使うのになぜ消費量がゼロになるのでしょうか?それは使うエネルギー以上のものを太陽光発電などでまかなうからです。太陽光発電でまかなっていくためにも断熱性能の高い家づくりをしなればなりません。

 

 

 

 

 

そもそもなぜ国はZEHをすすめるの?

 

 

 

石油や石炭などの化石燃料を使うと大気中に二酸化炭素を排出します。二酸化炭素は温暖化ガスのひとつです。化石燃料を使い続けてきたことで地球の気温は上昇しています。いわゆる地球温暖化問題です。

 

巨大ハリケーンや豪雨、大寒波などの異常気象が世界各地で起きていて、経済的にもおおきなダメージを与えています。この流れを止めようと、2015年に12月にすべての国が参加して、気温上昇を2℃以内に抑えるために協力することを約束しました。

 

温暖化ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減、2050年までに同80%削減という目標を掲げています。住宅分野ではZEHの普及が目標達成に向けた削減計画に盛り込まれているのです。

 

世界的には化石燃料を燃やさない「脱炭素社会」にシフトしています。例えば自動車業界では、トヨタの自動車が2025年頃までに全車種にプラグインハイブリッド車または電気自動車を設定するという目標を発表しました。住宅業界の脱炭素社会に向けた取り組みのひとつがZEHということになります。脱炭素、国策としてエネルギーの確保の点からZEHが住宅のスタンダードになるべきです。

 

国も2020年にZEH普及率50%、2030年にはZEH普及率100%という目標を掲げています。

 

2016年の時点では新築住宅の約1割しかZEHではありません。補助金などの効果もあり、現在は急速に普及率が上がっています。

 

 

 

 

 

高断熱+省エネ設備+再生エネ=ZEH

 

 

 

国はZEHの要件を定めています。まず、冷暖房に頼らずに快適な室内環境を保てるよう断熱性能を高めること。次に冷暖房器具や照明、給湯設備などエネルギー機器を省エネ性能の高いものにして、エネルギーを効率よく使えるようにする。そして太陽光発電システムなど再生可能エネルギーを使ってエネルギーの年間収支予測をおおむねゼロ以上にする。これら3つの要件を一定の水準で満たした住宅がZEHと定義されています。

 

「コストが高くなりそう...。」と思われています。確かに初期の建築費用は高くなります。ですが高断熱化で光熱費が安くなったり、太陽光発電で余った電力を売電したりと、建ちう費用とランニングコストをトータルで考えると、結果的には一般的な住宅と比べるとお得になるケースがほとんどです。

 

高断熱化をすることによって健康状態が改善され、医療費が抑えられるという研究結果もあります。健康で長生きできるのが一番ですよね。

 

ZEHは温暖化・脱炭素、さらには健康長寿や医療費削減といった社会的な課題に応える住宅です。地球環境問題への対応という次の世代への責任を果たすことができます。これからの家づくりに欠かせない考えかたではないでしょうか。

 

 

 

家づくりにおいての高断熱化など気になった点がありましたらKarin-houseにご相談ください。