1階の寝室は無防備?間取りを考える時に想定すべきこと

こんにちは!

浅口市の注文住宅会社Karin-house(かりんはうす)の広末です。

いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、「1階に寝室を配置する場合」のお話です。

 

間取り上、寝室は1階になりそう・・・

 

2階建住宅の多くは、寝室は2階に配置してある間取りが多いです。

しかし、家の間取りを考えるに当たって、スペース上の関係であったり、将来を見据えてであったりと理由は様々ですが、寝室を1階にすることを検討している方もいると思います。

体を休める寝室の環境はとても大事です。

多くの寝室は2階に配置されていますが、1階に寝室を設けることに、何かデメリットがあるものなのでしょうか?

 

「1階に寝室」がある生活とは

 

「1階に寝室」のメリット

 

-将来も安心して生活できる

1階に寝室があれば、将来足腰が弱ってしまったり、介護が必要な状態になってしまったりした時でも安心して生活をすることができます。

階段の上り下りは歳をとるとだんだんと辛くなってきてしまうもの、1階に寝室があれば将来安心して生活できますよね。

 

-家事動線が楽になる

寝室とお風呂が同じ1階にあれば、洗濯物が出る場所、畳んでしまう場所が同じフロアにあるので、洗濯の家事動線を短縮することができます。1階に物干しスペースまで完備すれば洗濯で階段を使用する必要がなくなります。

 

-万が一の災害時でもすぐに外に出られる

 

「1階に寝室」のデメリット

 

-防犯面での不安

1階の寝室は、防犯面での不安がどうしても拭いきれません。

寝ている間の不審者の侵入の不安は、どうしても2階の寝室より大きくなります。

 

-騒音が気になりやすい

1階は寝室の場所にもよりますが、道路の音や隣接するリビングの音などが気になりやすくなります。

静かで落ち着いた寝室にする為には間取りに工夫が必要になるでしょう。

 

-来客時に落ち着けない

1階の寝室の場合、間取りにもよりますが来客時に寝室の近くを通ったり、場合によっては部屋の中が見えてしまったりするかもしれません。それが落ち着かないと感じる可能性があります。

1階に寝室を作ることで将来の安心につながるなどのメリットもありますが、デメリットの部分を知らずに施工すると後で後悔するかもしれません。

1階に寝室を配置するときは、そのデメリットについてもしっかり説明をしてくれる施工業者を選ぶと良いでしょう。

 

1階寝室も工夫次第で快適に

 

1階の寝室には防犯面や騒音面でのリスクは確かにありますが、この点は間取りの工夫次第で解決することができる場合もあります。

「寝室は将来を見据えて1階にしたいけど、静かな空間にしたい」と言ったご要望もプロの建築家がしっかりと設計に落とし込んでおります。

1階でも快適な寝室をご希望でしたらKarin-house(かりんはうす)までご相談ください。