流行りのおしゃれな階段と言えば?~オープンステアについて~

 

こんにちは!

浅口市の注文住宅会社Karin-house(かりんはうす)の広末です!
いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回も「階段」について考えてみたいと思います!

 

住宅展示場や、新築住宅を建てた友人の家に招かれた時、階段のスタイリッシュさに目を奪われることはありませんか?「なんとなくスリムでスタイリッシュな感じで、昔の家では見かけないタイプの洗練されたかっこいいあの階段...」と、言葉でうまく表せないかっこよさ、オシャレさ。その階段はもしかしたら、いわゆる「オープンステア」かもしれません。

 

オープンステアとは?
オープンステアとは、階段の踏みつける部分(踏板)の間をスリットにして、階段が見通せる構造になっている階段を指します。スケルトン階段、ストリップ階段とも呼ばれることがあります。
一方、従来の階段は箱を積み重ねたような形をしているので「ボックス階段」と呼ばれています。

オープンステアのメリット
・オープンステアでしか実現出来ないオシャレな設計が出来る
オープンステアのメリットは、やはり何と言ってもそのデザイン性の高さでしょう。
最近増えてきているリビング階段ですが、ボックス階段にするとリビングが相当広くない限り、狭さを感じてしまいます。しかし、開放感のあるデザインのオープンステアをリビング階段に採用することで、リビングに階段があっても窮屈さを感じさせず、広々とした空間を維持することが可能です。

 

・風や光を遮らない
オープンステアは足元の部分がスリットになっているので、そこから光や風を通すことが出来ます。そのため、窓際などの従来のボックス階段ではできない場所に階段を配置することも可能です。日当たりのあまり良くない場所や、狭小住宅の場合でも、階段によって光や風を遮られることがないので、明るさを保った設計が可能になります。

 

オープンステアのデメリット
・安全性について懸念がある
オープステアは、足元が空いているので、慣れるまで歩くのが怖いと感じる方もいらっしゃいます。特に、小さなお子様やペットがいるご家庭は、落下事故のないように注意をしなければなりません。隙間から物を落としてしまう危険性もあるので、安全性については十分注意をした上で利用していく必要があります。

 

・形状の自由度が低い
ボックス階段の場合、直階段の他に折れ曲がり階段などを選ぶことができますが、オープンステアの場合は基本的には直階段になるので、形状の自由度がボックス階段に比べて低くなります。
階段の形状について詳しくは今後の記事で紹介しています。

 

1階と2階をスムーズにつなぐ家ならKarin-house(かりんはうす)へ
子供部屋があることの多い2階への接続は、お子様が思春期になった時にもコミュニケーションが取りやすいように、リビング階段を取り入れる方が増えています。このように、階段の位置は住宅設計においてとても重要で、毎日の家族の団欒などにも影響を及ぼしかねません。Karin-house(かりんはうす)なら、オープンステアを得意とする建築家と一緒に設計プランを練っていくことができますので、将来を見据えたプランニングが可能です。
思春期を見据えてオープンステアにしたい、カッコイイデザインの階段を取り入れたい、ボックス階段と迷っているので相談しながら決めたい...など、お施主様に応じて丁寧にヒアリングをして、プランを考えていきます。
1階と2階をスムーズにつなぐ家なら、私たち浅口市の注文住宅会社Karin-house(かりんはうす)にご相談ください。

相談・お問い合わせはこちらから