建てた後の後悔。ハウスメーカーとのやりとりに関する失敗談とは?

こんにちは!

Karin-house(かりんはうす)の広末です!

いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

マイホームを建てる際には、ハウスメーカーとやりとりをする必要があります。

多くの業者の中から自分の気に入ったハウスメーカーを選ぶことができますが、実際には家を建てた後で後悔したという話も少なくありません。

ここでは、ハウスメーカーとのやりとりに関する失敗談についてご紹介したいと思います。

 

 

ハウスメーカーの窓口の良し悪しで起こる問題

ハウスメーカーとのやりとりの失敗談には、ハウスメーカーの窓口の良し悪しに関係したものが多くあります。

ハウスメーカーとのやりとりは、この窓口を通して行うのが一般的で、家を建てる際の要望や理想は、この窓口を通して現場や設計に伝えられることになります。

つまり、この窓口の良し悪しが、理想的な住宅ができるかどうかと大きく関係しているのです。

マイホームの購入で後悔しないためにも、ハウスメーカーや担当者はしっかり選ぶようにしましょう。

 

 

悪いハウスメーカーや営業マンを見分けるための方法

どうすれば悪いハウスメーカーや担当者を見分けることができるでしょうか。

最初から態度や印象の悪いハウスメーカーは、できるだけ避けるようにしましょう。

また、予算が限られているのに高額なものを勧めてくるなど、顧客よりも売り上げを優先している営業マンは避ける方が賢明です。

難しい専門用語を並べたり、契約を急いだり、他社の欠点は言っても住宅の悪い部分は言わないような担当者にも注意が必要です。

やりとりの最初に希望や理想を伝えて、相手の反応を見たり、会話をメモに残したりしておくとよいでしょう。

 

 

ハウスメーカーの選び方について専門家に相談してみよう

ハウスメーカーや営業マンの良し悪しを判断するのは、多くの方にとって容易なことではないでしょう。

ハウスメーカーの選び方や、営業マンとのやりとりに関して不安に感じたなら、最初からプロに相談してみるのも賢明な方法と言えます。

Karin-house(かりんはうす)ならハウスメーカーとの賢いやりとりに関して、親身になって相談に乗ってくれます。

住宅の専門家に相談することで、自分では気づかないような様々なアドバイスを受けることができるでしょう。

 

 

まとめ

態度や印象が良いからと言って、信用できるハウスメーカーであるとは限りません。

やりとりで後悔しないためにも、家の契約に関する細かい点まで説明を求め、時間をかけて良いハウスメーカーを選ぶようにしましょう。