地盤調査の必要性

みなさん、こんにちは!

Karin-houseの広末です!

いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます!

今回は【土地選びの重要な要素「地盤の強さ」】についてです!

 

 

土地選びの際、考える要素はたくさんあります。

購入費用(坪単価)、立地条件、近隣の利便性などなど…そして、これらの陰に隠れてついつい忘れてしまいがちな要素として、「地盤の強さ」があります。

 

地盤が弱い土地の場合、「不同沈下」や「液状化」が起こりやすくなります

液状化はご存知の方が多いと思うので説明を省きますが、不同沈下というのは、建物が傾いて沈下してしまうことを言います。

つまり、本体垂直を保たなければならない建物が斜めに傾いてしまうわけですので、日常生活や耐震性能、建物の寿命にまで影響を及ぼしてしまいます。

不同沈下は、特に地層が傾いている場合に起こることが多いです。

 

 

【地盤改良って必要?】

☆地盤調査の方法☆

一般的に、岩盤や砂礫などといった固い地盤が良い地盤、粘土層や砂層、元々川や池など水辺だったような軟らかい地盤が悪い地盤と言われていますが、地盤改良が必要な土地かどうかは、実際に地盤調査をしてみないとわかりません。

地盤調査の代表的な方法、「ボーリング調査」では、63.5kgの重りを落下させて地面を打撃し、30cmめり込ませるのに必要な打撃数を調べます。

この打撃数を「N値」と言って、地盤の強さを表す指標としてよく用います。

戸建住宅の場合は、「スウェーデン式サウンディング試験」や「ラムサウンディング試験」と呼ばれる方法で、地盤の強さを測ります。

建築予定地の四隅と中心の調査を行って、その結果に応じて地盤改良の必要性を判断します。

ボーリング調査がより正確に強度を測ることができますが、費用面や作業スペースの都合で、戸建では「スウェーデン式サウンディング試験」や「ラムサウンディング試験」が採用されています。

 

 

【地盤調査によって地盤改良が必要と判断されたら?】

地盤調査によって地盤改良が必要と判断されれば、地盤が住宅の重さに耐えられるように地盤改良をしなければなりません。

具体的な地盤改良の方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

・どの方法で地盤改良をする?