ヒートショックと高齢者

こんにちは!

Karin-houseの広末です!

いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます!

今回は「高性能住宅と高齢者」についてです。

 

【高断熱住宅が必要とされている】

日本における高気密・高断熱住宅の起源である北海道や、東北地方など、寒さの厳しい地域では高断熱住宅が普及し、冬の寒さ対策がしっかりしています。

一方、岡山の寒さは、ギリギリ我慢出来るくらいです。

ゆえに住宅の断熱性能を高めて、冬を越すという発想があまりありません。

そのため、高齢者が家やアパートで過ごすとき、ヒートショック現象が非常に起き易くなっているのです。

そこで、隙間を極力なくし、冷暖房効率を良くした高気密・高断熱住宅が必要とされているのです。

気密性が高いため、冷暖房効率が良く省エネルギーで快適になります

 

【ヒートショック現象から高齢者を守ろう】

東京都健康長寿医療センター研究所は、ヒートショック現象の防止のために、「住宅の温熱環境を整えることが重要」と分析しています。

例えば危険なのが、真冬にお風呂から上がる時で、熱めのお風呂から上がり、室温が10℃程度と寒い廊下に出たときが危ないのです。

2011年の1年間で約17,000人もの人々が、ヒートショックで入浴中に急死をしたと推計され、その大多数が高齢者なのです。

高断熱高気密住宅なら、脱衣室や浴室・廊下など、家中ほとんど温度差がないので、ヒートショックとは無縁になり高齢者の命を守ることができます。

 

【高断熱高気密住宅のことならプロに相談しよう】

高断熱高気密住宅であれば、その断熱性能で外の熱気がしっかり遮断されているので、ヒートショックの心配はありませんし、真夏でも快適で涼しく感じられます。

Karin-houseでは家族が健康に暮らして行ける、高気密高断熱住宅を今後も推進していきます。

コストと釣り合うのかなど、丁寧に検討させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 

【まとめ】

高断熱高気密住宅の断熱性能で、ヒートショック現象を防ぐことができます。

高齢者の方でも安心して暮らせる、安全で快適な住まいづくりを実現しましょう。