アトリエ建築家との家づくり

みなさん、こんにちは!

Karin-houseの広末です!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は知っているようでよくわからない、どうやって頼むの?と思われがちな『アトリエ建築家』をフューチャーしたいとおもいます!

 

 

 

【家づくりでよく聞く「アトリエ建築家の家」って?】

家づくりについて情報収集をしていると、「アトリエ建築家の家」というキーワードが出てくることがあります。

「アトリエ建築家」という言葉を初めて聞いたときは、どのような建築家なのかイメージをするのが難しいかもしれませんね。

この記事では、「アトリエ建築家」は、どのような人を指すのかご紹介していきます。

 

 

 

【「アトリエ系建築事務所」と「組織系設計事務所」】

「アトリエ建築家」とは、建築家の中でも、「アトリエ系建築事務所」に所属する人を指します。

「アトリエ系建築事務所」という呼称は建築家磯崎新(あらた)が、自身の設計事務所を設立する際に、「磯崎新アトリエ」という名前をつけたことから広まりました。

「アトリエ」という名前の通り、設計の際には建築家自身の個性や芸術性を全面的に押し出す傾向があるという特徴があります。

 

一方、大手の建築事務所は「アトリエ系設計事務所」と対比して「組織系」と呼ぶこともあります。

組織系ではあらかじめある程度の基本仕様が決まっており、スタンダードな住宅を供給する傾向があります。

 

 

 

【「アトリエ建築家」は意外に身近な存在】

「建築家」にマイホームを依頼するというと、難しそう、建築家は遠い存在のような気がする、と考えてしまう方は多いと思います。

しかし、建築家に一戸建てを依頼する方は一定層います。

設計監理料がかかる分、総費用は組織系に比べて高めの傾向にありますが、費用的には何割かアップするという程度で、決して非現実的な選択肢ではありません。

一般的に、一戸建ての施工者はハウスメーカー、工務店、建築家に分かれると言われています。

Karin-houseは工務店ですが、アトリエ建築家と協働して建てる家づくりを推し進めています。

設計監理料がかかる分、総費用がどれくらい上がるのかは打ち合わせでしっかりと説明いたします。

併せて、その魅力も十分にお伝えさせて頂ければと思います。

具体的な建築の進め方や、どんな家が建てられるかについては、今後の記事で紹介していきます。