12 MSDG エアコン2台で夏涼しく 冬暖かい

小屋裏冷房

小屋裏にエアコン1台を設置し、小屋裏を冷やします。その冷気をファンの力を使って各居室に配ります。この時、室温は小屋裏24℃、2階27℃、1階27℃程度となります。 高断熱高気密で日射遮蔽を完璧に設計した状態において小屋裏エアコン冷房すると、8月の間1ヶ月つけっぱなしにしても月の冷房費は4000~5000円に収まるご家庭が大半です。室内環境は春や秋のように暑さも涼しさも感じにくい「無感」に近い状態となります。当然ながら冷房病や高湿度だと防ぐのが難しいダニ・カビともほとんど無縁の生活となります。
また、50℃以上で加熱除菌できるエアコンを標準採用しているので、週に一度程度1時間程度かけて加熱除菌すれば仮に内部にカビが生えたとしても99%以上退治することができます。
小屋裏エアコン冷房は冷房費を安く抑えるのは非常に簡単ですが、技術的には非常に難解です。
それには理由があります。2階は1階とは異なり各部屋が個室に分かれています。また寝るときは各部屋ドアを閉めることが大半です。この状況でムラなく効かせるためには見るだけでは分からない地味な設計上の工夫の積み重ねが必要で、このモデルは、きちんと実現されています。

床下エアコン暖房

床下エアコン暖房の特徴は、床が暖かくなるということ。いくら高断熱高気密住宅を建てても、壁掛けエアコンで暖房しているとどうしても足元は寒さが残りがちです。床下エアコン暖房であれば、LDKはもちろんのこと、洗面脱衣室、トイレまでも、家全体が床下を通じて暖かく保ちやすくなるのが大きな特徴です。ただしその温度は24℃以下なので、床暖房のように床材に制限がなく、無垢のフローリングが普通に使えるということも大きなメリットとしてあげられます。
但し、床下エアコン暖房は最低でもQ値1.9以下(UA値なら0.57以下)、C値1.0以下くらいの断熱性・気密性が必要なこと、暖房運転の方法まできちんと指導しないとうまくいきません。
家全体を温めて暖房費がいくらで抑えられるかは、断熱性、気密性、日射取得、そして何より難しいのが適切なエアコン能力の選定と運転方法です。そのあたりは当社に一日の長があるので、たくさんの工務店さんからノウハウの教授を求められています。技術的には極めて簡単ですが、暖房費をそれなりに抑えるのが簡単ではないのが床下エアコン暖房です。

PLAN     

W-4040M2

建物本体価格[税込]
2,244万円

間口 4間 ×  奥行 4間

1階 床面積 52.99㎡(16.33坪)

2階 床面積 48.02㎡(14.53坪)

    延床面積   101.01㎡(30.54坪)

    建築面積   53.92㎡(16.31坪)

W-4040M

建物本体価格[税込

 

2,156万円

間口 4間 ×  奥行 4間

1階 床面積 52.99㎡(16.33坪)

2階 床面積 48.02㎡(14.53坪)

    延床面積   101.01㎡(30.54坪)

    建築面積   53.92㎡(16.31坪)


ご案内

  • 価格は、個別の建設地条件やお客様のご希望により変動します。お打ち合わせの上、お見積りを作成いたします。
  • 地域条件等により、建築できない場合があります。
  • 表示価格は、建物本体にかかわる費用(建物標準価格・税込)になります。
  • 表示価格は、予告になく改訂を行う場合があります。

[建物本体に含まれないもの付帯工事]

  • 仮設工事/屋外給水工事/屋外排水工事/雨水排水工事/地盤改良工事/照明・カーテン・エアコン工事/運搬費

「建物本体に含まれない諸経費」

  • 設計図書作成費用/建築確認申請費用/完了検査申請費用/保証保険申請費/長期優良住宅申請費/住宅履歴情報蓄積費/現場経費(現場管理費・安全管理費)/敷地調査費/事務手数料

※上記付帯工事・諸経費については、建設エリアや敷地状況等により異なります。

※住宅ローン・土地購入費に関する諸費用は別途です。