個性が光る。変形地での家づくり

こんにちは!

浅口市の注文住宅会社Karin-houseの広末です!

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

変わった形の土地に立てる家

家を建てるための土地は、ほとんどの場合は家を建てやすい長方形や正方形の形に整えられて隣地と仕切られている「整形地」に建てられています。

 

しかし、もともと不揃いの土地を整形するわけですから、中には長方形や正方形の形に揃えられない「不整形地」も生まれます。

不整形地の形は本当に様々で、三角形や台形、また傾斜地等の家を建てる想像がしにくいようなものから、旗竿地など比較的イメージの湧きやすいものまであります。

 

今回はそんな「不整形地」のメリットとデメリットをまとめ、その土地の「個性」を最大限に引き出し、有効活用する方法を紹介します。

 

「不整形地」のメリット

コストを抑えられる

不整形地は一般的に家を建てにくい形状のため、整形地に比べて購入価格も土地評価価格も抑えられている場合が多いです。

そのため、購入コストや固定資産税等の税金面でも節約することができます。

 

その分建物にお金を回したり、また地価が高く手が出ないと諦めていた人気のエリアに家を建てられる可能性も出てくるのです。

 

逆に不揃いな土地の形状を利用してオリジナルの家を建てられる

注文住宅であれば、その土地の形状を生かしてオリジナルの家を建てることができます。

三角の土地に合わせて家も三角にしたり、家は四角くして余った土地の部分を庭や駐車場に有効活用したり、傾斜地を利用してスキップフロアにしたり・・・

 

家に土地の形を合わせるのではなく、土地の形に家を合わせると言う逆の発想です。

 

「不整形地」のデメリット

土地を整えるのにかえってコストがかかる場合がある

不整形地に家を建てる場合、土地を家を建てられる状態にするために整形をしたり、場合によっては隣地を購入して広く整った地にしなければならなかったりする場合があります。

そのような場合は整形地よりもかえってコストがかかってしまうかもしれません。

 

建てられる家が限られる

土地の形を生かした家づくりはメリットとなりますが、思い描いている家とは異なる場合もあります。

 

例えば、傾斜地を活かしてスキップフロアの家にできるとしても、段差の少ないバリアフリーな家づくりを求めているならそれは希望と合致しません。

 

そのような場合は傾斜地を盛土や切土で平らにしなければならず、コストもかかります。

 

土地の「個性」を最大限に生かす注文住宅という選択肢

一般的な家は建てにくい不整形地ではありますが、発想の転換で逆にそれをその土地の「個性」と考えることができると、夢の注文住宅の実現に大きく近づくことになるでしょう。

 

さらに、「不整形地」は税務上普通の家よりも税額が抑えられているため土地代に加え、税金の負担も少ないのでそのお金を内装にかけるといったこともできます。

 

人気のエリアも「不整形地」なら手が届くかも

不整形地なら、人気エリアでも掘り出し物件が見つかるかもしれません。

ぜひ土地の「個性」を生かした夢の注文住宅を実現してください。

 

Karin-houseでは、お施主様の土地選びの段階からサポートしておりますのでぜひお気軽にご相談ください。