モロッコインテリアを楽しむ

 

 

こんにちは!

 

浅口市の注文住宅会社Karin-houseの岡田です。

 

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

今回はモロッコのインテリアのお話です。

 

 

 

 

 

モロッカンインテリア、自宅で異国を楽しむ

 

 

 

モロッコは北アフリカに位置し、大西洋と地中海に面した国です。

 

アフリカ大陸に位置しながらも海岸線からはヨーロッパ(スペイン)が見える場所に位置し、その立地関係によりヨーロッパの文化、アフリカの文化、さらにアラブの文化が融合し、独自の文化が栄えています。

 

 

 

様々な文化が融合しているので、モロッコは異国情緒あふれる雰囲気が漂い、多くの観光客が訪れています。

 

その独特の文化は建築やインテリアにも独特の雰囲気を漂わせており、現在では日本でもじわじわと認知度もファンも増え続けているのです。

 

 

 

その独特の色合いや模様は、インテリア好きは要チェックです。

 

モロッコインテリアの魅力をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

モロッカンクッション

 

 

 

モロッコのクッションをプフと呼びます。

 

レザーそのままの風合いのものからピンクやパープル、グリーンなどの鮮やかな色まで様々なものがあります。

 

模様も様々ありますが、イスラムの文化が融合しているので幾何学模様のものが多いです。

 

とてもおしゃれで、これをひとつ部屋に置くだけでも良いアクセントになるかと思います。

 

 

 

モロッカン照明

 

 

 

モロッコの照明は、繊細な工芸が特徴です。

 

幾何学模様が優しく部屋を照らしてくれるでしょう。

 

とてもハイセンスなものが多く、その一つ一つが繊細で存在感のある照明です。

 

オシャレな部屋でよく見かける星型のランプもモロッコランプの一種です。

 

天井に吊るすランプの他、机や棚に置くようなスタンドタイプもあります。

 

間接照明にもピッタリですよ。

 

 

 

モロッカンテーブル

 

 

 

柄は照明やプフに比べると落ち着いているものが多いですが、繊細なモロッコ独自の柄があしらわれているのが特徴です。だからこそ、照明やプフと揃えると統一感があってとてもオシャレなんですよね。

 

ソファや椅子の横に置くサイドテーブルのような、小さめなサイズが主流です。

 

 

 

 

 

モロッカンな家づくりもKarin-houseで実現。

 

 

 

Karin-houseではモロッカンなインテリアのお取り扱いは標準仕様にございません。

 

しかし、お施主様のご要望を承るセミオーダーの家なので、「施主支給」の家具を導入するという方法でモロッカンインテリアを実現することは可能です。

 

カラフルな色彩が多く、家具の合わせ方も日本人からすると一見難しそうなモロッカンインテリアですが、だからこそ新築時にプロの意見を聞きながら取り入れるのも良いのではないでしょうか?