断熱改修をせず後悔した人

 

 

んにちは!

 

浅口市の注文住宅Karin-houseの岡田です。

 

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

 

今回は断熱の重要性についてのお話です。

 

 

 

 

 

断熱をケチるんじゃなかった...

 

 

 

とある夫婦のお話です。

 

東北に住むAさん夫婦は脳卒中で寝たきりになった80代の父親の介護をされていました。父親との同居を機に自宅をリフォームをしたAさん。工事を依頼した地元の工務店さんから「高齢の父親と同居を始めるなら断熱改修もするべき。」と勧められましたが、工事費が高くなるので断ったといいます。ですが入居して2年後、起きてすぐ居間に入ってきた父親が脳卒中で倒れます。一命はとりとめましたが、身体には重い麻痺が残りました。Aさんはもう一度自宅をバリアフリーにするリフォーム工事をおこない、介護を続けています。

 

「断熱をケチるんじゃなかった」ともらすAさん。もしあの時きちんと断熱工事をしていればもしかして…と後悔しているそうです。

 

 

 

 

 

日本の95%の家は暑くて寒い!

 

 

 

そもそも断熱とは熱の移動を出来る限り遮断するということです。断熱をしていれば、冬は外からの寒さが入りにくくなり、室内の暖かさが逃げにくくなります。最小の暖房で家全体が暖かくなり、室内の温度差が小さくなります。夏は外の熱気が入りにくくなり、室内の冷房によって涼しくなった空気が漏れにくくなります。最小の冷房で家が涼しくなるということです。

 

住宅の場合、断熱するには「断熱材」と呼ばれる、熱が移動しにくい材料を屋根・壁・床などに使用します。熱が出入りしやすい窓にも「樹脂窓」など熱が移動しにくい窓を使用します。このように断熱を強化した住宅を「高断熱住宅」と呼び、リフォームによって断熱を強化することを「断熱改修」と呼びます。

 

高断熱住宅や断熱改修は技術的には難しくありませんが、日本の95%は高断熱化されていないといいます。つまり日本のほとんどの家は夏が暑くて冬は寒い家に我慢して住んでいることになります。

 

Aさんのお宅も断熱改修をしなかったことで、リフォーム後も寒いままだったそうです。「暖かい布団の中から寒い廊下を通って寒い居間に移動した際に血圧が急上昇したことが、父の脳卒中の原因のようです。」とAさんは話します。このように部屋と部屋の温度差や室内と屋外の温度差で血圧が大きく上下する現象を「ヒートショック」と呼びます。今や家の外よりも家の中、しかも癒しの場であるはずの浴室のほうが危険なのです。

 

 

 

 

 

起床時の室温が10℃下がると血圧が上昇

 

 

 

血圧と住宅の室温の関連を探る興味深い調査が国土交通省の「スマートウェルネス住宅等推進事業」として進められている。2018年1月に公表された最新の調査データを紹介します。

 

2282人の血圧と室温の関係を調べた推計モデルでは、起床時の居間の室温が20℃から10℃に下がると、平均的な男性の場合、30歳では4.5㎜Hg、60歳では8.5㎜Hg、80歳では11.2㎜Hg血圧が高くなっていました。血圧が上昇するほど健康リスクも高まる言うことになります。

 

さらにこの推計モデルによると、平均的な男性の場合、起床時の収縮期血圧が高血圧(135)以上となる確率は、朝の居間の温度が18℃の場合、60歳男性で33%、60歳女性で11%、80歳男性で73%、80歳女性で41%と推計された。気になる方はぜひ冬の朝の室温を計ってみてください。18℃未満のケース、特に10℃前後のお宅が多いと思われます。

 

朝の居間の平均温度が低い家に住む人ほど動脈硬化の傾向が高く見られ、心電図の所見で異常が発見されたという報告もありました。高血圧や動脈硬化、心疾患の人ほどヒートショックの影響を受けやすいとされています。

 

さらには居間の温度が12~18℃未満の場合、18℃以上と比べ1.6倍も夜間の頻尿確率が高く、12℃未満の場合は3倍も頻尿確率が高いこともわかってきています。夜間のトイレは心身ともに疲労するうえ、事故の確率も高く、睡眠の質も低下してしまいます。

 

「冷えは万病のもと」と言われますが、「寒い家による低温は万病のもと」ということがイメージできてしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

高断熱化は賢い先行投資です

 

 

 

こうした健康リスクを下げるには、新築を建てる際に高断熱化する、今住んでいる家を断熱改修することが有効だとされています。前述の調査でも断熱改修後に起床時の血圧が2.8低下することが確認されたほか、頻尿症状も改善がみられました。冬でも室温は18℃以上を目指したいところです。

 

高断熱が標準の工務店、断熱改修が得意な工務店も増えています。そんな工務店に

 

新築・リフォームを依頼すれば、暖かく健康リスクが少ない快適な住まいを手に入れることができます。

 

しかも高断熱化・断熱改修することによって光熱費を削減することができます。高断熱化・断熱改修にかかるコストを先行投資する必要がありますが、削減した光熱費で投資分以上のものが取り戻せ、健康的な生活を送ることができます。

 

住まいの高断熱化、断熱改修は人生100年時代の今にとって極めて賢い先行投資だと言えます。

 

 

 

 

 

Karin-houseでは新築はすべて高断熱高気密住宅で建てています。なにか気になることなどありましたら浅口市の注文住宅会社Karin-houseにご相談ください。