学区と土地を考える

 

 

こんにちは、Karin-houseの岡田です。

 

家を建てたいと考えるお客様は、やはりお子様連れの方が多く来られます。

 

子どもも大きくなってきたからそろそろお家を建てようか!そうなると気になるのは学校や学区のことですよね。今回は子どもと学区について考えるお話です。

 

 

 

 

 

大切な子どもの学校選び。決断どう下しますか?

 

 

 

一般的に「子育て世代」と言われる時期には、家族にとって重要な決断を連続して下す時期でもあります。新しい家を建てたり、大きな車を買ったり、子どものために仕事を変えたり...

 

その中でも「子供の進路」もとても考える部分ですよね。

 

 

 

この時期に家づくりを検討している場合、「小学校・中学校選び」と「地域選び(土地選び)」の両方を連動させて同時進行させて考えなければなりません。

 

 

 

公立校に通う場合は「学区」も重要な要素になってきますね。

 

私立校に通う予定の場合でも、通学がしやすい場所を選ぶことが重要になってきます。

 

 

 

進学は子供の将来にも大きく関係する人生の重要な選択です。

 

土地選びはその「進学」に大きく影響を与えるものなので、学校選びと土地探しは切っても切れないものなのです。

 

 

 

 

 

私立・公立 学校と土地の選択

 

 

 

学校選びの際には、まず私立か、公立かを考えなくてはなりません。

 

 公立を選択する場合、「学区」の概念があるので、土地エリアは自ずと決まってきます。

 

 

 

私立の場合、「学区」による縛りはないので、通学のしやすさの問題になってきます。

 

 電車やバスでのアクセスがしやすいエリアが対象となるでしょう。

 

 

 

また、受験のために塾に通う場合は夜遅く帰宅するようになるので、近隣の治安なども気になるポイントですね。塾通いとなると、それだけで夜遅くなる日が多くなるので、ただでさえ心配なのに、通学に時間がかかるエリアでは子供の負担も大きくなってしまいます。

 

 

 

公立の「学区」は外せない条件にはなりますが、その他治安やアクセスの良さ、近隣の環境など土地を探すにあたっては様々な条件をクリアしていかなければなりません。

 

 

 

希望に合う100点満点の土地はありません。

 

さらに学区内などエリアを限定してしまうと希望の土地というのはなかなか見つからないのが現状です。

 

そのため、家づくりを考え始めた初期の段階から、土地の情報を集めておくことが大切です。

 

 

 

 

 

学校選びと家づくりの資金

 

 

 

子供の教育費はどの学校を選ぶか、特に公立か私立かによって必要な資金は大きく異なってきます。

 

 教育資金も家づくりなど他のライフプランと一緒に将来的に見込める所得から逆算して考えることが大切です。

 

 

 

一般的に公立の方が金銭的負担は少なくなりますが、希望の公立の学区内の地価が高い場合は、総合的に見ると地価の安い地域で私立校に通う場合の方が家計としては安く済むケースもあるかもしれません。皆さん考えることは一緒ですから、どうしても買いたい土地などがかぶってしまいます。

 

 

 

このように、資金計画というのは一筋縄ではいかないものです。

 

Karin-houseではファイナンシャルプランナーもおりますので、家づくりの相談とともに、資金計画のご相談も承っております。

 

 

 

子育てや家づくりなど、大きな出費も増える子育て世代に寄り添います。

 

先々のことも一緒に考えて家づくりをしていきましょう。