持ち家と賃貸 どっちがいいの?

 

こんにちは、Karin-houseの岡田です。

 

家族が増えたり、子供たちが大きくなったり、ペットを飼いだしたりすると家を購入するか広めの賃貸を借りたりするか悩んだりする方が多いのではないでしょうか。

 

賃貸か購入かは、将来の必要をしっかりと見極めて選ぶ必要があります。ここでは、賃貸と購入のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

いずれ大きくなる子ども家を買うべき?

 

 

 

子どもが大きくなり、そろそろ今より大きな家に引っ越したいと考えている場合、賃貸と購入という選択肢があるならどうすればいいのでしょうか。子供が生まれたり成長して部屋が手狭になったら、賃貸マンションなら広めの家に引っ越しすることができますが、その分だけ家賃はアップしますし、賃貸は単身者向けの部屋が多くて、選択肢が少ないことがあります。家族が増えることを見越して広めのマンションを買う場合には、短期間で多くの費用が必要ですが、家賃が増えることはありませんし、家具や間仕切りなどで部屋の広さを調整して自分たちの好きなように変えていくことができます。

 

 

 

 

 

賃貸と購入のメリットとデメリット

 

 

 

賃貸と購入には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。賃貸マンションの経費は、基本的には月々の家賃と2年ごとの更新料だけとシンプルですし、中には更新料や敷金礼金が不要というUR賃貸(UR賃貸とは独立行政法人都市再生機構が管理する住宅で、全国に約73万戸あるそうです。簡単に言ってしまえば日本一大きな大家さんですかね。)もありメリットと言えます。とはいえ、数年ごとに引っ越す場合には、そのたびに100万円近い初期投資が必要になるデメリットもあります。新築マンションを購入して20年でローンを完済した場合、賃貸よりもコストが高いように感じますが、持ち家の売却に成功すれば賃貸よりも経費を低く抑えることができるのはメリットと言えます。決め手は資産作りのための購入という選択でしょう。

 

 

 

賃貸や購入のことならKarin-houseに相談してみよう

 

 

 

マンションの賃貸や購入について、メリットやデメリットを検討したものの、まだ決められないといったことや、専門家の意見が聞きたいなどあれば、Karin-houseに相談することができます。Karin-houseはお客さまの賃貸や購入に関して、親身になって相談に乗ります。専門家に相談することで、賃貸や購入に関係する様々なアドバイスを受けることができるでしょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

マンションを賃貸するか購入するかは、それぞれにメリットやデメリットがあり、人によっても状況は異なります。賃貸は気軽さが最大のメリットと言えますし、購入の場合には安心感や快適さが得やすいのがメリットと言えます。今の生活だけでなく、将来の子供の成長や老後のことなども考えて、最適な住まいを選択するようにしましょう。