北欧インテリアを取り入れよう

 

 

こんにちは、Karin-houseの岡田です。

 

インテリアをこだわっていると家にいるだけでわくわくしますよね!

 

自分のためのくつろぎ空間や友達に自慢したくなるような部屋、インテリアにこだわるのはとても楽しいものです。

 

今回は北欧のインテリアのお話です。

 

 

 

 

 

世界中から愛される北欧インテリア

 

 

 

北欧インテリアは世界中から人気を集めており、今や日本でも定番となっています。新築住宅を建てる段階で、リビング・キッチン・ベッドルームを、おしゃれな北欧インテリアにしようと意気込んでいる方も少なくないと思います。でも、いざ北欧インテリアを取り入れようとすると、なかなかイメージがわかないってことありますよね。ここでは、施工時に出来ることや、新築だからこそ出来る床や木材へのこだわりについてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

床の木材にこだわる北欧インテリア

 

 

 

北欧インテリアを演出するには、何と言っても「木材」が重要です。北欧は森林資源の豊かな地域であることから、床・テーブル・椅子の足などに木を取り入れると、一気に北欧「らしさ」を出すことができます。新築でしか出来ないこだわりは「床」で、無垢の木を使って床を作るとリビングの印象ががらりと変わります。無垢の木にはコーティングがされていないので、天然のアロマテラピーが楽しめます。肌触りもよく、月日を重ねるごとにアンティークの風合いが楽しめます。

 

有名な床の材料は、アカシア・パーチ・メープルなどですが、無垢材をベースに所々にヴィンテージな木材を組み合わせると、自分だけの味を出すこともできます。天然木の温かみとナチュラル感が空間を覆うように、全体にナチュラルで統一感のあるコーディネートを楽しんでみましょう。

 

 

 

 

 

北欧インテリアのことならプロに相談してみよう

 

 

 

日本にあらわれた北欧インテリアは、もともと北欧の風土に合わせて作られたインテリアですから、住まいの日本らしさとのバランスが重要です。木材を使ったナチュラルベースが基本ですが、間接照明や北欧家具などを工夫すれば、おしゃれで温かみのあるモダン空間を作ることができます。北欧インテリアには専門的な知識が必要ですから、北欧インテリア実例集を参考にするのも良いでしょう。Karin-houseは製材を64年続けてきています。一般的な木材だけでなく、海外の木材もたくさん取り扱ってきました。木材に関しては自信があります。ぜひKarin-housに気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

無垢の木を使ったフローリングには、空間を引き立てる力があります。床の木材にこだわった北欧インテリアで、おしゃれで素敵な住まい環境を実現しましょう。