住宅ローンの保証料はなんのため?

こんにちは!
浅口市の注文住宅会社Karin-house(かりんはうす)の広末です!
いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、住宅ローンを組むときに必要となる【保証料】についてです。

 

住宅ローンの保証料は金額が大きい
住宅金融支援機構によるフラット35を除くと、住宅ローンの諸費用の割合の多くは保証料となります。

 

信用保証会社によって違いがありますが、保証料は、住宅ローンの借入者の信用度、住宅ローンの借入金額、返済期間で決定されます。

保証料の支払い方法は、借入時に一括支払い、または金利に保証料分を上乗せ(住宅ローン金利に0.2~0.3%上乗せ)して毎月の返済と一緒に支払う分割方式があります。
ある信用保証会社の場合、借入時一括保証料の目安は、借入金額1,000万円あたり、返済期間が35年のときは約20万円、返済期間が30年のときは約19万円、25年のとき約17万円となります。よって、返済期間が35年で3,500万円借りると 約20万円×3,500万/1,000万円=約70万円が目安の金額をなります。ちなみに、返済期間が35年で3,500万円借りると一括支払いの場合は約70万円ですが、分割方式の場合は累計金額で約165万円となります。いずれにしても保証料は大きな金額です。

 

そこで皆さんに質問です。
保証料を払ってどのような保証を受けられるか知っていますか?
初めて住宅ローンを借りる人は、なにを保証してくれるものなのか、答えられる人はほとんどいません。答えられなかった人は、特に保証料による保証の意味をよく理解しておきましょう。

 

住宅ローンの保証料の意味
金融機関は、お金を貸すときには、貸し倒れリスク(返済ができなくなるリスク)を回避するために、基本的に担保や連帯保証人を必須としています。住宅ローンの場合は、借入をする人が個人であり、金額が大きいことや返済期間がとても長いので、連帯保証人の代わりに信用保証会社の保証(信用保証)をつけることを最低条件としています。ただし、信用保証会社は無料で住宅ローンを借りる人への保証を行ってくれるわけではありません。連帯保証会社が住宅ローンを借りる人の保証人になるための費用として保証料を徴収しています。

 

よって、住宅ローンの保証料の意味は、住宅ローンを借りる人の財産などを保証するものでなく、連帯保証人の代わりになってもらうための費用ということになります。

 

なかには、保証料がもったいないから、金融機関に連帯保証人を探してくると言う人がいますが、信用保証会社の保証を必須条件としている金融機関がほとんどで、信用保証会社の保証が必要ない金融機関はその分審査が厳しくなる傾向があり、なかなか難しいのが実情です。また、夫婦や親子での収入合算での借入や、親名義の土地に建物を建てる場合は信用保証会社の保証以外に、基本的に収入合算者や土地所有者である親も連帯保証人になることが条件となります。

信用保証会社はなにをしてくれるのでしょうか
住宅ローンを借りるときに保証料を支払うことで、信用保証会社は実質的に住宅ローンの連帯保証人になってくれます。そのために、【保証会社の保証を受けることができれば】住宅ローンを借りることが可能ということになります。それでは、これ以外に住宅ローンを借りた人にとって、信用保証会社とはどのような役割をするのでしょうか?

 

住宅ローンの返済が問題なく進めば、住宅ローンの繰上返済をした場合の保証料の払い戻しの金額を通知して払い戻しをしてくれたり、住宅ローンを完済したときには、抵当権設定の抹消手続きを行うための書類を送付してくれるくらいの役割となります。
ただし、やむをえない理由で住宅ローンの返済が滞ってしまうと、住宅ローンを貸した金融機関が連帯保証人である信用保証会社に住宅ローンの残債の返済の肩代わり(代位弁済)を請求することになるので、今度は信用保証会社は金融機関に代わって、住宅ローンを返済できない人に残債の返済を迫ることになります。このように、多くの人が多額の保証料を支払うので、保証料は返済できなくなったときに助けてくれるための保証というイメージを持っていますが大きな誤りです。

 

信用保証会社を自分で選ぶことができないのが現状
信用保証会社は、多額の保証料を徴収し、住宅ローンについてとても大きな役割を果していているにも係らず、現在の住宅ローンの仕組みでは信用保証会社の人と話をする機会もありません。また、金融機関が自行で指定する信用保証会社(通常は金融機関の子会社の信用保証会社または独立系の信用保証会社)だけしか認めないと定めているので、住宅ローンを借りる人は自由に保証会社を選択することは残念ながらできません。
海外では、住宅ローンを借りる人の立場に立った信用保証に関する保険などがあり、住宅ローンを借りる人が、実質的には自由に信用保証会社を選べる仕組みになっています。

 

住宅ローンの組み方、返済方法についてのご相談も浅口市の注文住宅会社Karin-house(かりんはうす)では随時受け付けております。お気軽にお問合せください(^_-)-☆