床暖房VSエアコン暖房

こんにちは!
岡山県の注文住宅会社Karin-house(かりんはうす)の広末です!
いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は「床暖房とエアコン暖房 実際どっちがいいの!?」見ていきましょう!

 

リビングや寝室、子ども部屋など以前に比べ床にフローリングを使用する家が増えています。メンテナンスの必要性が少ない、ダニも発生しないといったメリットを持つフローリングですが、冬場は畳などに比べ足元が冷たく、床暖房を入れているケースも少なくありません。
しかし実際にはエアコンと床暖房、どちらがお得なのでしょうか? そこで今回はこれから新しく家を建てるうえで、床暖房の必要性をエアコンとの比較で見ていきます。

床暖房とエアコンの違い
・床暖房とエアコンの一番の違いは床暖房が足元から暖めるのに対し、エアコンは上から暖める点です。暖気は下から上に行くため、スイッチを付けてすぐに温風が出るのはエアコンですが、部屋全体が暖まる時間は床暖房のほうが比較的早いです。
・エアコンは基本的に電気のみですが、床暖房は電気式とガス式の二種類があり、状況や用途によって合ったほうを選択することができます。
・エアコンは暖房だけではなく夏は冷房として使うこともできますが、床暖房はその名前の通り、暖房のみでの利用になります。

床暖房、エアコン、それぞれのメリット・デメリット
では床暖房とエアコン、それぞれのメリット・デメリットを見ていきます。
床暖房のメリット
床暖房は床下で温水や電熱線を使って暖めるため、床のほこりやチリが舞い上がることもなく、空気を汚すことがありません。
これはそこに住まう人、特にアレルギーや喘息を持ったかたにとって大きなメリットといえます。また温風が出ないことで肌の乾燥を防ぎます。さらに加湿の必要もないことからカビの発生を抑えられます。

 

床暖房のデメリット
一般的な新築の家ではフローリング材として「複合フローリング」を使用します。しかしこの複合フローリングは熱に弱く、床暖房によって反りやひび割れを起こす可能性が高まります。そのため床暖房対応の無垢フローリングなどを使うことになるため、材料費が割高になります。また毎月のランニングコストもエアコンに比べ高めになるなど、コスト的な面でのデメリットがあります。そして修理をする際は部分的に交換ということができないため修理費用がかさむこともあります。

 

エアコンのメリット
最近のエアコンは省エネ効果が高いうえ、一時間あたりの電気代も実はこたつやファンヒーター、そして床暖房などほかの冷暖房機に比べ安いというメリットがあります。また除湿、冷房、暖房と年間を通して使えるというのもエアコンのメリットのひとつです。

 

エアコンのデメリット
エアコンの一番のデメリットは冷風、または温風によって部屋を冷やしたり暖めたりするため、空気が乾燥してしまうという点です。また定期的にメンテナンスをしないとエアコン内部にカビなどが発生し、小さなお子様がいる家庭などは特に病気などを引き起こす危険があります。

床暖房はアレルギーや高齢者の人にやさしい設備
床暖房とエアコン。どちらを必要と感じるかどうかは、住む人によって異なります。具体的には次のようなご家庭には床暖房がおすすめです。

 

1.小さなお子様やアレルギー、喘息などといった症状を持つかたがご家族にいるご家庭
空気を汚さず、エアコンのようにメンテナンスをしないことでカビを発生させることもない床暖房は小さなお子様やアレルギー、喘息などといった症状を持つかたがいらっしゃるご家族でも安心して利用できます。

 

2.高齢者が多い家庭
床暖房であれば、足元から暖められるため、身体の冷えを軽減することができます。また温風が出ないことでやわらかな暖かさを実現。特に女性の高齢者のかたにはおすすめです。

 

床暖房とエアコン、どちらにもそれぞれのメリット・デメリットがあります。
そのためすべてのご家庭にどちらがおすすめといったことはありませんが、今回のコラムを参考にあなたのご家庭にはエアコン、床暖房どちらが必要かをご検討してみてください。そして経済的にも快適に過ごすことができる家作りを目指しましょう。