無駄なコストを省く工夫

 

暮らすほどに差が出る住まい。

それは30年で600万円。

80年で3,620万円です。

 

真剣に家づくりを検討されている方に想像してほしいことがあります。

 

それは、

 

「新しい家で何年住みますか?」

 

ということです。

 

以下のグラフをご覧ください。

 

 

ライフサイクルとは、光熱費や修繕費など、家を建てた後に、住み続ける上でかかり続ける費用のこと。

 

そこグラフは、建築費と性能が違う3パターンの家に

それぞれ30年間住んだ場合のライフサイクルコストを示したものです。

 

左が、初期費用の負担を軽くするため1,800万円で建てた家。

真ん中が、断熱性・気密性を確保し、計画換気も大切にした建築費2,100万円の家。

右が、断熱性・気密性・計画換気の性能を大切にし、

さらに屋根と外壁の塗り替えが不要な材料を使った建築費2,400万円の家。

 

これはあくまでも、試算上のコストです。

しかし、

「実績に基づいた数値」で試算された資料です。

 

「できるだけ安く家を建てたい!」

「初期費用は、できるだけ安く!」

そう考えるのは当然です。

 

しかし、初期費用ばかりを気にして1,800万円で建てても、

光熱費が毎月3万円かかると30年で1,080万円です。

 

そして、断熱性能に優れた

「夏は涼しく、冬は暖かい家」が、2,100万円だとします。

光熱費が1万円になれば30年で360万円です。

 

実際に、当社の実績では、断熱性能に優れた省エネの家は、

毎月の光熱費が1万円以下となっています。

 

次に、初期投資の軽減だけを考えると、

10年で塗り替えが必要な外壁材を使うことになったりします。

ですから、

10年ごとに塗り替えのための150万円ていどのメンテナンス費がかかります。

 

いかがでしょうか?

 

家を建てる時は、

建築費だけで判断しないでほしいのです。

 

ライフサイクルコストで特に注目してほしいのが、

光熱費です。

 

もしも、

「新しい家に60年は住みたい」

「子供に価値のある家を残してあげたい」

「メンテナンス費用がかからない家を建てたい」

とお考えなら

 

 

こちらは、

先程と同じ建築費1,800万円、2,100万円、2,400万円の家の

80年後のライフサイクルコストを比較したらグラフです。

 

左が、初期費用の負担を軽くするため1,800万円で建てた家。

真ん中が、断熱性・気密性を確保し、計画換気も大切にした建築費2,100万円の家。

右が、断熱性・気密性・計画換気の性能を大切にし、

さらに屋根と外壁の塗り替えが不要な材料を使った建築費2,400万円の家。

 

左の初期投資が安い家を建てると、

大目に見ても30年程度で建て替えることになるでしょう。

なぜならば、

国土交通省の統計によれば、いまだに日本の家の平均寿命は27年程度だからです。

 

つまり、

新しく建てた家の80年後を考えると、

どこかで一度、建て替えをすることになります。

 

30歳で家を建てた方は、

建て替えが必要な時には、60歳になっています。

老後に大きなリスクを抱えて家づくりに大金をかけることになってしまいます。

 

また、初期投資の少ない家では

80年間の光熱費は2,880万円となっています。

一方、断熱性能に優れた2,100万円、2,400万円の家では、

80年間の光熱費は960万円です。

 

さらに、初期投資2,400万円の家は、

外壁・屋根の塗り替えが不要なため、

80年間の主なメンテナンスは、

水回り(キッチン・お風呂等)の入れ替えがメインとなります。

 

ですから、初期投資額別に3つの家を比較すると、80年後に3,620万円の差が出てしまうのです。

 

建築費

初期投資を抑えた

1,800万円の家

断熱性能に優れた

2,100万円の家

断熱性能と外壁材に優れた

2,400万円の家

トータルコスト 7,520万円 4,190万円  3,900万円 
Aとの差 3,330万円 3,620万円

 

*当社および、全国の工務店が集まる研修会を基にした資料

 

 

初期費用は安いほうがいいに越したことはありません。

しかし、

30年後、60年後、80年後を考えた選択を

お客様自身にしていただきたいと思っています。

 

以下は、厚生労働省によって発表された資料です。

 


 

日本は、着実に長寿命社会となっています。

ある試算では、

2007年生まれの平均寿命は107歳*とも言われています。

*(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット(著)「ライフ・シフト」より)

 

だから、お客様に選択してほしいのです。

 

・新しい家で、どのくらい暮らしますか?

・初期投資と30年後、50年後のトータルコストバランスをどう考えますか?

・『寿命100年の価値がある家』と『30年から40年もつ家』のどちらを希望ですか?

 

私たちKarin-houseは、

住むほどに大好きになる家。

 

そして、

時間とともに価値が高まる家。

を建てています。